家庭菜園・野菜の栽培

【初心者】山わさびの栽培・育て方のコツ(害虫や増やし方)

北海道など寒冷地の山中で育つ山わさびは、ローストビーフなどの料理には欠かせない薬味として知られています。山わさびは繁殖力も強いため、栽培初心者にもおすすめです。

今回は、初心者にもできる!山わさびの栽培方法や育て方のコツ、害虫や株の増やし方についてご紹介していきます。

日本での主な原産地は北海道!山わさびについて

山わさびは、アブラナ科セイヨウワサビ属に属する、多年草植物です。別名、西洋わさび・ホースラディッシュ・レフォール・ワサビダイコンなど、様々な名前で呼ばれています。

原産国はフィンランドなどの東ヨーロッパで、日本には明治時代に渡来したと言われています。冷涼な気温や水温を好む植物のため、日本では主に北海道で栽培されています。

北海道では広く野生化していたため、アイヌわさびと呼ばれているそうです。

山わさびは、主に根茎の部分を食用とします。アリルイソシオチアネートという辛み成分が含まれており、根をすりおろすと、鼻を刺すような強烈な刺激や辛みがあります。

その独特の辛みから、ローストビーフやステーキ、ソーセージにつける薬味として大活躍します。出汁やお醤油を加えて煮詰めれば、ワサビソースを作ることができますよ。

スーパーで販売されているチューブタイプのわさびの原料としても使用されていますね。

北海道では山わさびを荒くすりおろし、醤油をかけたものをご飯の上にのせて食べているそうです。若い葉を収穫したら、サラダにしても良いですね。

種球から?苗から?山わさびの栽培方法

山わさびは北海道に自生していたこともあり、涼しく冷たい環境を好みます。あまり直射日光が当たらない、風通しの良い場所で育てましょう。

菜園での露地栽培のほか、ベランダでのプランター栽培や鉢植え栽培も可能です。育成旺盛な植物のため、ほとんど世話をしなくても簡単に収穫をすることができます。

山わさびは種球(たねきゅう)と呼ばれる球根からでも育成は可能ですが、栽培に少々時間がかかるため、初心者は苗からの栽培が簡単でおすすめです。

苗の植え付けはいつでもできますが、3~5月の春頃が栽培しやすい植え付け適期となっています。

山わさびは植え付けた年の11月頃~翌年の春にかけて、収穫することが可能です。株を大きく太く育てて、2年目以降から収穫するということもできますよ。

土作りと準備物

鉢植え栽培の場合、鉢は10号鉢を準備してください。プランターの場合、直径30cmのものや直径65cmを準備します。

根が深くしっかりと育つよう、鉢もプランターも深さ30cm以上あるものだと良いですね。土は、市販の野菜用培養土を利用すると手軽で便利ですよ。

鉢やプランターの底に敷く、鉢底ネットや鉢底石も準備しておきましょう。菜園などの露地栽培の場合は、半日陰で水はけの良い場所を選んでください。

山わさびは酸性の土壌を嫌うため、植え付けの2週間前には菜園に苦土石灰を混ぜて、地中40cmの深さまでしっかりとかき混ぜておきましょう

土壌の水はけが気になる場合は、腐葉土(広葉樹の落ち葉を原料とした植物性堆肥)を混ぜ込んでおくと、土壌を改良する効果が長持ちして良いでしょう。

苗を植え付けよう

苗の植え付けは年中できるのですが、育てやすい春の3~5月頃がおすすめです。苗の株数は、10号鉢の場合1株、30cmプランターは1株、65cmプランターは2株と考えてください。

鉢やプランターの底に鉢底ネットを敷き、水はけがよくなるよう鉢底石を敷き詰めておきましょう。

鉢底石の上から野菜用培養土を8分目の高さまで入れ、ウォータースペース(水やり時に一時的に水が溜まるスペース)をとっておきます。

苗が入っていたポリポットと同じくらいの穴を土にあけて、根鉢を崩さないように気を付けながら植え付けてください。

菜園に植える際も同じ要領で行います。苗と苗の株間は30cm以上はとるようにしましょう。

水やりや追肥などの管理方法について

水やり

山わさびは水を好む植物です。水切れを起こすと株が弱ってしまうので、注意してくださいね。

露地栽培も、鉢植え・プランター栽培の場合も、土の表面が乾いていたら水を与えるようにします。

追肥

山わさびはもともと山の中に自生していたため、生命力が非常に強い植物です。追肥をしなくても栽培はできますが、根を太く育てたい場合は追肥をし、定期的に株元に土寄せを行いながら育ててください。

苗を植え付けてから1週間が経過したら、株元に化成肥料(複数の肥料分を科学的に合成した肥料)をまき、土と混ぜて株元に寄せます。3~4週間に1度は、追肥と土寄せを行いながら育成しましょう。

山わさびを収穫しよう

山わさびは、地上部に出ている葉が黄色く枯れ始める11月~翌年の3月頃が収穫の適期です。大きな根を収穫したい場合はそのまま冬越しさせ、2年目から収穫することもできます。

収穫する際には、株元から約20cmの部分で一度葉をカットします。その後は、株の周りの土を軽く掘り上げ、根茎を手でつかんで引っ張り抜いてください。

葉っぱを食害する!山わさびの害虫

山わさびは害虫被害がほとんどない植物ですが、モンシロチョウの幼虫が葉を食害することがあります。

山わさびはアブラナ科の植物なので、幼虫がものすごい食欲で葉を食害しますが、食害するのは葉のみため、山わさびの根が傷んでしまうという心配はありません

若い葉を食用として利用したい場合は、被害に遭う前に摘み取ると良いですね。薄めた酢水を散布しても効果があるでしょう。

素朴な疑問Q&A

株分けはできますか?増やし方を教えてください

株分けは、もちろん可能です。ある程度大きく育った株を一度掘り上げ、適当な大きさに割って再び植え付ければOKです。

また山わさびは、収穫した根の部分を約3cmほど切りとっておくと、種球として利用できるため、簡単に株を増やせます。種球を再度植えておくと、1~3年後に再収穫できますよ。

水耕栽培はできますか

スーパーで山わさびを購入し、根の上部を2~3cm切りとって水に浸けておくと水耕栽培ができます。毎日水替えをしながら管理してください。

根が生え揃い、葉っぱが出てきたら土に植え替えましょう。株によっては育成の悪いものもありますが、上手くいけばそのまま育成~収穫が可能です。

畑わさびの育て方を教えてください

畑わさびはその名の通り、畑(陸)で栽培されていますが、畑わさび=山わさびではありません。葉も根の色も、まったく違います。

山わさびは市販のチューブわさびに使用されていますが、畑わさびは「本わさび(日本わさび)」と呼ばれ、高級品として区別されています。

畑わさびを植え付ける際には、苗を利用します。小石やプランター容器の側面を利用し、苗を置いて土を被せます。

土の表面が乾いたら水をやるようにし、窒素分が少ない肥料(リン酸肥料・カリ肥料など)を追肥しながら育てます。

2年ほどで収穫が可能です。優しく土から掘り起こしたら、手や包丁でひげ根を取り除き、お料理に使用しましょう。

山わさびの栽培まとめ

初心者にもできる!山わさびの栽培方法や育て方のコツ、害虫や株の増やし方についてご紹介していきましたが、皆さんいかがでしたか?

山わさびは生命力が強く、手間もかからないため、初心者にはおすすめの植物だということが分かりました。土の表面が乾いていたら、きちんと水やりをしましょう。

株分けをして、お友達におすそ分けをするのも良いですね。アレンジ次第でどんなお料理にも使える山わさびを、ぜひご家庭でも栽培してみてくださいね。